個人向け融資を利用する

個人向けのキャッシングで融資を受ける場合、最低は1万円からの融資が出来ますが、
最高額で言うと約1000万円融資も可能なところがあります。

この規模の融資をなりますと単なる個人の利用ではなく、
事業者が開業を行うための融資であることが多いです。
限度額としては50万円が最低ラインとして設定されているようで、
最高ラインで1000万円融資まで幅広く取り扱っている金融会社も数多くあるのです。

高額の場合でも無担保・無保証人

キャッシングの場合は基本的には無担保・無保証人となっていますが、
これは1000万円融資の場合でも同じです。
高額の融資ではありますが原則で担保や保証人は不要となっています。

しかし限度額が高くなるほど審査が厳しくなってきます。
1000万円融資で申し込みを希望しても審査の結果で100万円まで融資可能にしかならない場合もあり、
その旨は電話やメールによって連絡が来るようになっています。

審査基準は業者によってまちまち

この時に希望限度額で審査が通らなかったと言っても、融資を受けることが出来ない訳ではありません。
キャッシングの限度額はそのキャッシング会社の審査基準によって変わってきます。

たとえば1000万円融資で希望しても納得の限度額による結果がえられなかった場合、
融資を受ける返事を保留にして別のキャッシング会社で申し込みをしてみると
希望通りの限度額で融資を受けることが出来ることもあります。

キャッシング会社は申込をする人の与信でいくらまで融資が可能か審査を行います。
新規契約で融資の申し込みを行った場合は融資金額が控えめに出る傾向があります。

↑PAGETOP