大きく借入できる点が魅力の銀行の不動産担保ローン

日常生活の中での比較的少額の出費に対しては、少額から気軽に
お金を借入れられる消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンがあります。
キャッシングやカードローンでは安定収入があれば審査もそれほど厳しくはなく、
実際にお金が借入れられるまでの時間が短時間で済むというメリットがあります。

しかしながら、貸出し金利については他のローン商品と比べて
金利が高めに設定されているため、借入金額によっては返済が完了するまでに
利用者が負担しなければならない利息はかなりの額となってしまう
というデメリットがあります。

また、キャッシングやカードローンの場合、あくまでも個人向けの少額の融資を
行うサービスであるため、ある程度のまとまった金額が必要な場合には
あまり向いたお金の借入方法ではありません。

不動産を所有している場合は不動産担保ローンも利用可能

もしも、自分で家や土地などを所有しているのであれば、キャッシングやカードローンなどよりも
さらに大きな金額を借入れる方法があります。

それは銀行の不動産担保ローンです。
不動産担保ローンでは、自分の所有している不動産を担保とすることで
キャッシングやカードローン、他のローンよりも低金利かつ、
高額の借入れが可能となっています。

不動産担保ローンを利用するためには銀行に対して不動産を担保として
差し出す必要があります。担保となった不動産はその価値が査定されることになり、
その金額に応じた借入れができることになるため、
通常のローンなどと比べて非常に大きな金額を借入れることができるのです。

ただし、不動産担保ローンでは利用者が返済できない状態に陥ってしまったときに、
担保として差し出した不動産に関しては処分され、その売却代金は
返済金として充てられてしまうので返済には注意が必要となってきます。

担保のマンションや一戸建てを失わない為に

ビジネスでの資金調達は焦らず行うことがほとんどでしょう。 しかし、人材の確保等投資すべきところへの計画を立て、資金が足りないとなると どういった手段を使ってでも調達をしなければいけない。となるのが経営者では ないでしょうか。
焦りは禁物で、例えば不動産担保の場合、適正なのかを考えたほう が良いかと思います。
極端にいえば現在価値1億円あるマンションを担保にするのであれば私であれば一度
価値を無駄にしない為にマンション査定を 行います。実質1億で売れるとなり、資金がどうしても必要なのであれば賃貸に住んで売ったお金を投資に回します。
担保に入れるということは可能性としてその担保を取られることとなりますので
こちらのほうがいいかなと。例えば借入予定の額が1千万とかであればなおさらですね。

↑PAGETOP