若い会社は信用がない

設立まもない法人は売り上げがこれから順調に
あがればいいですが、まったく何もない状態から
誕生しているため、世間的な信用がないですね。

中小企業へ支援する組織も色々あったり
国の助成金などもあるはありますが、手続きがとても
面倒で現実的にそういった支援をうけとる企業は
それほど多くはないかと思います。

ほとんどの設立まもない企業創業1年目で30%以上が倒産しいているというのも無理はありません。
10年後は10%しか生き残らないともいわれていますから
如何に企業として生き残るのが難しい世界かということを思い知らされるでしょう。

生き残る会社の共通点

当サイト管理人は経営者さんと会う機会が多く
超能力ではありませんが、生き残っている会社の共通点を
経営者の方と話すとなんとなくわかります。
参考程度となりますが紹介しますね。

1、覇気がある。

逆にいうと覇気がない人が経営している会社は本当に1年くらいで
消えて行っている気がします。
元気でもいいのですが、元気とは違ううちからみなぎるやる気。
これが覇気だと思います。ただ声が大きいだけではありません。
熱意があり、自分の行う仕事に対し可能性を感じまっすぐに突き進む。
目標が明確な人とも言えるかと思います。

そういう人にはやはり人は付いてきますし、人が人を呼ぶのでしょう。
融資に関しても覇気がない人には貸していいものか?と悩んでしまう
担当者もいるのではないでしょうか。
また、この覇気がある、元気である、まっすぐにというのは一番大きな
メリットとしては、社員さんもそのような雰囲気に自然となっている
という点だと思います。

これも逆説をいうと覇気がない経営者の社員さんは覇気がない電話や
対面の営業をするといったことが多い気がします。
私の場合はそんな自分にも商品にも自信がない会社や人か物やサービスを買うことは
ありません。だから倒産するのでしょう。

2、方向転換がはやい

これはインターネット系の企業に多いかと思いますが、
儲からないと思ったことは判断が早い。ということです。

まあ成功しているから後でそう言えることかもしれませんが、
このビジネスだと天井が見えている。採算が合わないということを
瞬時に理解した時はすぐにそれから撤退し、新しい利益率の高い
なおかつ自分自身の得意な市場で戦う。
といった人は生き残っていると思います。

また逆に一つのことをずっとやる人も生き残ってはいます。
ですが、2年後にようやく黒字に転化したといったケースが多いように思います。
2年持たせることができればいいのですが、これをどうとらえるかはそれぞれの自由ですね。

信用は実績を作るしかない

上記のようにとはいいませんが、社会的地位、市民権を獲得するには
やはり努力をし続けなければいけません。
融資に関しても絶対に借りなければいけないということはありませんが、
一度借りて返済の実績があれば次はすぐに貸してくれるというもの一般的な話です。
取引先が増えた、5年、10年会社を続けたとなると
先にいった10年後は10%程度の会社しか生き残らないというのは
一般的ですから、それだけで信用はうまれます。
信用がつけば銀行やローン系の企業はこぞって借りてほしいという態度に 変わります。

何かの縁あって当サイトを見て頂いている経営者1年目の方は
是非、折れずに熱を冷まさずに没頭してほしいと思います。

↑PAGETOP